• ホーム
  • NPO邦楽指導者ネットワーク21狛江支部筝曲正音会
  • 狛江創作はりえの会
  • きんたの会
  • 狛江能楽普及会
  • ご挨拶
  • 概要
  • 公告
  • お問合せ
リンク
 
ホーム > きんたの会

きんたの会

平成6年4月発足。最初は狛江の教職員が中心で活動していましたが、徐々に子供も増え、今では小学生から大人まで50名近い会員になりました。私達、きんたの会は、和太鼓および篠笛・踊りなど日本の伝統芸能の練習に励み、心身の鍛錬を図りながら基本的な礼儀作法や、上達する喜びを体感し、年齢幅のある中で、互助の精神を学んでいます。会員相互の親睦、また、他団体との交流、地域との交流を目的としています。 そして、日本の伝統芸能の素晴らしさを地域の方に知ってもらえるように、様々なイベントに積極的に参加をしています。

活動内容

毎週金曜日 18:00〜20:00 全体練習会(和太鼓中心)
毎週土曜日 13:00〜20:00 時間を区切って学年別に練習
・桶太鼓・玉すだれ・三線・篠笛
・踊り(七頭舞・エイサー・荒馬など)

上記の日程で,内部講師、外部講師のもと、おもに和泉小学校の多目的室を中心に練習をし、その成果としてイベントなどで発表しています。

代表プロフィール

玉田恵美子

玉田恵美子

平成6年ごろ狛江市の小学校教諭、保育士仲間と
和太鼓のサークル“金太の会”を作る。

日本に伝わる郷土芸能の素晴らしさを多くの方に広めていきたいと、
様々な芸能に興味を持ち、講習会などを開催。

現在は小学生からその保護者、地域の大人の会員を含め、
和太鼓と郷土芸能の市民サークル“きんたの会”の会長を務める。

堂免由加里

堂免由加里

平成11年、狛江第八小学校で活動していた
“きんたの会”に子どもが入会したのをきっかけに入会。

玉田会長のもと、親子で和太鼓や郷土芸能の素晴らしさに魅かれ、
多くの方と交流を広げながら活動を続ける。

後に社会教育団体として登録、きんたの会の代表として発展に貢献する。

概要

団体名 きんたの会
会長名 玉田 恵美子
代表者名 堂免 由加里
所在地 東京都狛江市中和泉2−4−1
電話番号 03−3480−9112
メール yukari-d@muf.biglobe.ne.jp

発足の経緯

発足当初は、市民祭りや、いべんと西河原(公民館の発表会)など年に1、2回の発表でしたが、活動していくうちに地域の保育園や児童館、老人福祉施設、神社などからもお声をいただくようになり、今では月に1、2回のペースで発表しています。

その成果発表として平成20年9月には、市で一番大きなホール(エコルマホール)を借りて初めて会単独で公演を催し、多くの皆様から「伝統芸能の素晴らしさに触れることができた。」「元気をもらった。」と励ましの言葉をいただきました。さらに平成23年8月には2回目の公演も催し、会員も50名近くに増え、幅広い年齢層で活動しています。

写真

演奏・発表


2008年9月6日 初めてエコルマホールにて自主公演『ひびけ 心へ』を行い、満員のお客様にみていただく。

『多摩川住宅団地まつり』に毎年参加

2010年8月5日『狛江市制40周年記念花火大会』にて名古屋の和太鼓×マリンバ GONNAと初ジョイント!

『狛江市民まつり』ふれあいステージに毎年参加

『狛江市民まつり 踊りコーナー』にてエイサーを披露

多摩地区の太鼓チームが集まる『多摩太鼓まつり』に出演。合同演目の「寿賀和楽」

地域の公民館のお祭り『いべんと西河原』に毎年参加。立派なホールで一年間の成果発表をさせていただく。

交流のある太鼓仲間が集まる『江戸やっこまつり』に毎年参加。きんたの会は琉球國祭り太鼓さんにご指導いただいたエイサー「笑顔のまんま」を披露

地域の児童館岩戸地域センター10周年記念イベント。大人による『銚子の早や打ち太鼓』

地域の保育園 三島保育園の夏まつりに参加。園児とも一緒に太鼓をたたいて楽しむ。

2011年8月27日第2回エコルマ公演〜笑顔つなげて〜 3ヵ月前にチケット完売御礼!

憧れの“琉球國祭り太鼓”さんにご指導いただいた「ミルクムナリ」

第2回エコルマ公演で初めて舞台に上げた「荒馬踊り」

第2回エコルマ公演 鎮魂の思いをこめて岩手県小本に伝わる「中野七頭舞」を踊る。

老人福祉施設にて三線、篠笛、ギター、チェロで「童神」を演奏

毎年参加している公民館のお祭り『いべんと西河原』で若者が作った創作太鼓を発表。

地域の幼稚園の行事で和太鼓や郷土芸能を披露。卒園児による「南京玉すだれ」

“トーキョー・ワッショイ”というイベントで「中野七頭舞」を踊る。ライブハウス青山月見ル君想フに初出演。

エコルマホールであった式典セレモニーにて和太鼓を演奏

きんたの会に所属する堂免沙樹子(踊り・太鼓)と瀬戸洋平(篠笛)が“アラゲホンジ”という秋田の民謡をベースにしたお祭りロックバンドにメンバーとして参加。

-

練習風景


太鼓の練習

創作太鼓の練習

中野七頭舞の練習

荒馬座による『荒馬踊り』の指導

『琉球國祭り太鼓』によるエイサー指導

桶太鼓の合宿に参加し「月吠」の成果発表。

道具 衣装


太鼓と締め太鼓

鉦とチャッパ

かつぎ桶太鼓

「荒馬踊り」の馬(きんたの会作成)

「荒馬踊り」の引き手“はねと”の衣装(きんたの会作成)

『第2回エコルマ公演〜笑顔つなげて〜』で制作した垂れ幕

集合写真


『狛江市制40周年記念花火大会』で一緒に演奏した名古屋のGONNAと集合写真

震災直後、中野七頭舞の練習会で衣装を着け、鎮魂の想いを込めて踊った。

『歌舞劇団 田楽座』の山ちゃんに太鼓指導を受ける。

復興支援

太鼓仲間等で結成された「震災復興をめざす実行委員会」に参加、昨年にひき続き7月13〜15日に太鼓仲間75名で陸前高田を訪問します。和太鼓の演奏、交流を通して少しでも復興の励ましができたらと思っています。 


2010年3月11日直後、計画停電のため練習会場が使用できず。高校生の呼びかけで、その時間を使い、狛江駅前できんたの会として募金活動を行う。

復興支援を願い、少しでも力になれたら、と狛江駅前にて和太鼓、篠笛、エイサーを披露する。

川崎の太鼓仲間の呼びかけでできた『復興支援実行委員会』に参加。陸前高田交流の旅へきんたの会から9名参加。(2011年9月23日~25日)

特別に許可をいただき陸前高田市役所前にて和太鼓で献奏させていただく。

陸前高田の仮設住宅で演奏させていただき、住宅に住む方々と交流する。

陸前高田の福祉施設 ひかみの園にて演奏交流