• ホーム
  • NPO邦楽指導者ネットワーク21狛江支部筝曲正音会
  • 狛江創作はりえの会
  • きんたの会
  • 狛江能楽普及会
  • ご挨拶
  • 概要
  • 公告
  • お問合せ
リンク
 
ホーム > NPO邦楽指導者ネットワーク21 狛江支部 筝曲正音会 > ご挨拶

ご挨拶

狛江市には著名な音楽家が多く在住し、市民による音楽活動が活発に行われています。こうしたことから狛江市では市民の文化・芸術活動を活性化する取り組みとして「音楽の街」づくりを進めています。しかしながら「音楽の街」で活動する団体はジャズやクラシックなど西洋音楽が多く、日本の伝統文化である邦楽は一部の演奏家の活動に留まっているのが現状です。

平成14年から国の学習指導要領により義務教育に和楽器の習得が導入されましたが当会でも平成17年から「伝統文化こども筝教室」として市内の小学校で延べ150人の児童に筝の普及に努めて参りました。その結果少しずつ子ども達には演奏技術とその歴史や文化が浸透していますが、伝統文化を伝承してゆく為には安定して継続する必要があると実感しております。

今年度におきましては文化庁の補助事業である「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」の採択を受け文化庁からの補助金(平成24年度文化芸術振興費補助金)交付が内定いたしました。

今後は狛江市内での、将来の地域文化の担い手である青少年への普及、伝承者の人材育成、コンサートやワークショップを通じて伝統文化の更なる普及を目指して参ります。このような私たちの日本の伝統文化を活性化しようとする活動を、一人でも多くの方に是非御理解をいただき、御協力を賜りたく、心からお願い申し上げます。

NPO邦楽指導者ネットワーク21狛江支部
筝曲正音会 代表 渡辺正子